内容(「BOOK」データベースより)

繭墨あざかの元、腹に鬼を孕み、苦悶の日々を過ごす小田桐勤。彼の前に現われた、“天国”への誘いとは—『僕が「繭さん」と呼ぶ理由』。立花梓は知りたかった。通り魔から助けてくれた嵯峨雄介のことを。彼がいる、違う世界のことを—『私が先輩に恋した非日常』。繭墨あさと、14歳。“繭墨あざか”となる役目を降ろされた彼は、己を失ったまま生きていた—『狐の生まれた日』。「B.A.D.」が詰まった非日常的チョコレートデイズ・セレクション第1弾。 

内容(「BOOK」データベースより)

「小田桐君の好みは、ビキニだよ」繭墨あざかの手紙に水無瀬白雪は首を傾げた。一族の復興と、亡き兄を思い胸を痛める日々に降って湧いた疑問。彼が喜ぶビキニとはなんだろうか—『白雪は「びきに」を知らない』私は繭墨あさとが怖い。その親友、小田桐勤も苦手だ。彼らの前で表情を作りそびれたあの日から、私の平穏な学校生活は不安に苛まれるものとなった—『私と異分子な彼と彼女と狐』他2編で贈るチョコレートデイズ・セレクション第2弾。 

内容(「BOOK」データベースより)

どうしてこうなった…。七海が挑発し、白雪がプライドを賭け、繭墨が油を注いだ料理対決という惨状に、僕は頭を抱える—『烹调・オブ・ヘル』学校の時計塔で少女たちが消えてゆく。友人を助けるため立花梓は再び嵯峨雄介に助けを求めるが—『さよならの時計塔』桜の下で、繭墨あざかはただ不吉に美しい。それ故に僕は絶望するしか出来なかった—『僕が彼女を理解できない不条理』他、全4編で贈るチョコレートデイズ・セレクション第3弾。

下载地址:

度娘盘

关于

愿你,让小诺不再独自前行。